楽天・涌井、7回までノーヒット投球!達成すればチーム史上初快挙

[ 2020年8月5日 20:36 ]

パ・リーグ   楽天―ソフトバンク ( 2020年8月5日    楽天生命 )

力投する楽天・涌井(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の涌井秀章投手(34)は、5日のソフトバンク戦に先発登板し、7回までノーヒット投球を見せている。

 
 自己最多となる開幕6連勝が懸かった先発登板となった涌井。初回と2回は連続三振を奪う投球を見せた。3回以降は打たせて取る投球で6回1死まで完全投球だったが、続く高谷への四球でこの試合初の走者を許したものの後続を断った。7回も3者凡退に封じた。

 ノーヒットノーラン達成となれば2019年9月14日に中日の大野雄大が達成して以来、史上82人目(通算93度目)となる。リーグでは2019年9月6日にソフトバンクの千賀滉大が達成して以来でチームとして史上初となる。

 千葉県出身の涌井は神奈川・横浜高校から2004年のドラフト1位で西武に入団。2013年のオフにFAでロッテへ移籍し、今季から新天地の楽天で好投を見せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース