阪神・藤浪 初回は3者凡退 最速156キロ力強い立ち上がり

[ 2020年8月5日 18:09 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年8月5日    甲子園 )

<神・巨>力投する阪神先発・藤浪(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神先発・藤浪が初回を3者凡退で立ち上がった。

 先頭の若林に対しては全球ストレート。154キロで詰まらせて二ゴロに仕留めると、続く坂本は2球で追い込み、高めスライダーを打たせて二邪飛。最後は丸をこれまた154キロで押し込み、平凡なニゴロに抑えた。

 676日ぶりの勝利を目指すマウンドで、順調に滑り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース