赤星憲広氏 巨人の独走阻止へ、もっと非情に 糸井を休ませる勇気も必要

[ 2020年8月5日 06:30 ]

セ・リーグ   阪神2-7巨人 ( 2020年8月4日    甲子園 )

<神・巨(5)> 8回2死、糸井は三邪飛に倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【赤星憲広 視点】まず糸井の膝の状態の悪さが気になります。初回の守りで、岡本の右中間に落ちる、あの打球で二塁まで行かせては投手がかわいそうです。6回2死での中島の中飛も、本来なら右飛でしたが糸井が追いついておらず、ギリギリ間に合った近本に救われました。

 もちろん、糸井は主力選手で絶対に不可欠な戦力です。でも今のままでは走攻守で力を発揮できません。シーズンも佳境なら頑張ってもらうこともありますが、まだ3分の1も消化していないので、無理をして出場する時期でもない。一度、出場選手登録を抹消していいパフォーマンスができるまで待つ時間は十分に残されています。休む勇気、ベンチは休ませる勇気が必要だと思います。

 代わりがいないわけではありません。この日のベンチには福留がいました。打順が2番なら、2日のDeNA戦で逆転につながるプロ初盗塁を決めた島田もいます。左投手が相手なら、中谷も控えています。

 2―3の7回の木浪、植田の打席は少し残念でした。梅野の打球が菅野の右ひざ付近を直撃し、かなり痛そうにベンチへ。治療後にマウンドに戻ってきましたが、ここで2人にはセーフティーバントを試みるなどイヤらしさを見せてほしかった。木浪はリクエストまで持ち込む二ゴロ、植田も一度は構えだけ見せましたが結局は普通に打って遊直。惜しかった、いい当たりだった…で済ますのではなく、もっと非情に、絶対に引きずり降ろしてやるくらいの執念が必要。それくらいしないと今の菅野からは白星をもぎ取れません。

 今年のセ・リーグはクライマックス・シリーズがないので2位、3位では意味がない。目指すはリーグ優勝だけです。だから首位チームを独走させては面白くなくなるし、調子のいい選手を積極起用して、今、巨人を止めにいかないといけません。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース