木更津総合 エース温存でも3投手で5回参考ノーヒットノーラン

[ 2020年8月5日 05:30 ]

千葉大会・2回戦   木更津総合10―0姉崎 ( 2020年8月4日    ゼットエー )

 木更津総合は最速150キロ右腕のエース篠木健太郎(3年)を温存して姉崎に10―0で5回コールド勝ちし、2回戦を突破した。

 公式戦初登板の吉田航晟(3年)ら3投手で、5回参考ながらノーヒットノーランを達成。五島卓道監督は「今まで出番に恵まれなかった投手に結果が出たね」と目を細めた。主将としてベンチから声援を送り続けた篠木は「投手は自分だけじゃない。投手陣として戦い、1試合ずつ勝っていきたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース