ヤクルト・高津監督 大西力投に「よく粘った」も4連敗喫し「点を取っていかないと」

[ 2020年8月5日 22:03 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―4広島 ( 2020年8月5日    神宮 )

<ヤ・広>広島に敗れ引き揚げる高津監督(左)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 ヤクルトは広島に中盤以降徐々に突き放されて敗れ、4連敗を喫した。ドラフト4位ルーキーの大西が5回7安打2失点と力投したが、打線の援護に恵まれなかった。

 ▼ヤクルト・高津監督 (先発・大西は)立ち上がりから持ち直した。すんなりといかなかったが、走者を出してからよく粘ったと思います。(打線に元気がないので)何とか点を取っていかないといけない。(先発投手は)ゲームを壊さずに作ってくという作業はできている。でも、追いかける展開がずっと続いている。先に点をやらない、点をとってくれるまで何とかゲームを引っ張るというところはやっていかないといけない。(6日から出場選手登録が可能になる山田哲はコンディションが)整ったら登録しますけど、今のところない。今日見たらよかったですけど、慌ててって感じにはしたくない。(明日8月6日は)広島戦、広島人以上に僕自身、思い入れがありまして。父の命日なので、明日、勝ちたいと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース