西脇工・桑形 8回途中3失点粘投 5回戦進出&エース東田の負担軽減に貢献

[ 2020年8月5日 14:04 ]

令和2年度 夏季兵庫県高校野球大会  4回戦   西脇工8―3北条 ( 2020年8月5日    明石トーカロ )

好投した西脇工先発・桑形
Photo By スポニチ

 主将の意地の力投だった。西脇工・桑形康平外野手(3年)が先発として今大会初登板。7回0/3を8安打3失点と粘り、5回戦進出に貢献した。3試合連続完封勝利中だったエース・東田健臣投手(3年)の負担軽減にも貢献。東田のリリーフを受けただけに「60点」と自己採点は厳しめだが「次の試合で思い切り投げてもらうためにも、とにかくマウンドに上げないようにと思った」と笑顔で話した。

 監督から「腕が振れないようなら、2球目から代える」と激励されて上がった先発マウンド。無心で腕を振った。初回は3者連続三振。6―0の6回に4連打などで3点を失ったが、大崩れはしなかった。今大会は東田に先発の座を譲っているが、昨秋から競争し、切磋琢磨(せっさたくま)してきた。「東田は少し、調子が悪くても抑えてくる」と長所を認めながらも、ライバル意識は強い。「野球では勝てないけど…。いや勝てないと決まったわけではないですね。バドミントンでは負けることはない」と話し、周囲の爆笑を誘った。

 7日の神戸国際大付戦が高校野球の集大成となる。「東田が投げると思いますが、野球は何が起こるか分からない。今日は助けてもらったので、助けられるように万全の準備をしたい」。有事への備えを欠かすことなく、打撃でエースを援護してみせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース