阪神・藤浪 6回に崩れる 自身の失策から3失点

[ 2020年8月5日 19:42 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年8月5日    甲子園 )

<神・巨>6回無死、戸郷の打球を捕球し損ねて失策を犯す藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神先発・藤浪が6回に追加点を許した。

 先頭の戸郷が放った高いバウンドのゴロを捕球できず出塁されると(記録は失策)、安打、犠飛などで2死一、三塁のピンチを背負った。ここで岡本に、右翼線フェンス直撃の2点適時打を浴びて追加点を許すと、さらに続く大城の左前打でこの回3失点目。3回に先制されてから好投を続けていたが、6回につかまった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース