オリックス 執念引き分け 大阪初凱旋・鳥谷の失策から土壇場同点 5失点の由伸も救われた

[ 2020年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5-5ロッテ ( 2020年8月4日    京セラドーム )

<オ・ロ(7)>9回2死二塁、吉田正は三塁適時内野安打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 執念の同点劇で、屈辱は一時的に免れた。オリックスは、負ければ球団ワーストタイとなる開幕からのロッテ戦7連敗となる瀬戸際で踏ん張り、今季4度目の引き分け。逆襲ローテのカギとしてカード頭に配した山本は、6回5失点の内容に反省の言葉を並べるしかなかった。

 「ストライク先行の投球ができていませんでした。納得のいくボールも少なかったと思います。そういった中でも最少失点で粘っていかなければいけませんでした。練習から見つめ直していきたい」

 150キロ前後のカットボール、フォークの制球がわずかに乱れた。初回2死三塁で、安田に、甘く入ったフォークを中前適時打され先制点を献上。2回には2四死球を与えるなど1死一、二塁を招くと、藤岡に真ん中寄りのカットボールを捉えられ、左越え適時二塁打。4回には、福田に特大ソロを被弾した。

 ロッテは前回対戦の同一カード6連戦で屈辱の6連敗を喫した因縁の相手。敗戦なら1961年以来59年ぶりとなる球団最悪の記録に並ぶ屈辱もかかっていた。「史上初の6タテ」を食らった雪辱も託した一戦だったが、応えられなかった。

 6度の延長戦は2敗4分けで今季未勝利だが、土壇場9回2死では吉田正の三塁強襲の適時二塁打で追いつくなど反発力は示した。西村監督は「前回千葉で負けているので明日は勝ちたい」と切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース