中日連勝ならず…柳が6回6失点で5敗目 村上の2打席連続被弾響く

[ 2019年8月17日 21:20 ]

セ・リーグ   中日5-7ヤクルト ( 2019年8月17日    神宮 )

<ヤ・中>6回無死、村上に2打席連続ソロを浴びガックリの柳(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日がヤクルトに5―7で敗戦。先発の柳が村上に2打席連発弾を浴びるなど6回7安打6失点で5敗目(9勝)。打線が6回まで毎回走者を出しながらも1死満塁の好機で無得点に終わるなど、あと一本が出ず連勝を逃した。 試合結果

 先発の柳は初回、1死三塁から山田哲の中犠飛により失点。2回には1死満塁から川端に右犠飛、2死一、三塁となって太田に左中間へ走者一掃となる適時二塁打浴び、この回までで4失点。

 4-4の同点となった直後の4回には村上に右翼へ27号ソロを浴び勝ち越しを許すと、6回にも村上に被弾。4球目をとらえられ再び右翼スタンドに飛び込む28号ソロを浴び、ガックリと膝を落とした。

 打線は5回1死満塁のチャンスで無得点に終わるなど6回まで毎回走者を出しながらも4得点止まり。8回にはケガから復帰した高橋が代打で登場し中安を放ち、そこから遠藤の適時内野安打で1点を返しなお1死一、二塁と攻めるも福田が二飛、大島が左飛に倒れ同点ならず。

 8回には3番手の福が雄平に左翼へ9号ソロを浴び5―7で試合終了。柳は2回までに4失点と乱れながら粘りの投球を見せるも村上の2打席連発弾が響き、10勝目はまたもお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース