作新打線、強力援護19安打18得点 日本ハム・石井弟も3安打

[ 2019年8月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第10日3回戦   作新学院18―0岡山学芸館 ( 2019年8月16日    甲子園 )

<岡山学芸館・作新学院>4回、適時二塁打を放つ作新学院・石井は3安打2打点(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 作新学院(栃木)打線は19安打で県勢最多にあと1と迫る18得点と爆発した。地方大会では出場49チーム中、2番目に少ない4犠打。バントをせず、強打で勝ち上がってきた。2安打3打点の1番打者・福田は「高校野球にスランプはない。打てないのは練習不足」と言い切り、スタメン唯一の2年生で5安打3打点と大暴れした横山は「5安打は初めて」と笑った。

 初戦は無安打の石井巧主将も3安打2打点。遊撃守備でも初回、1番打者の三遊間の当たりを好捕し、2死三塁では長船の左前へ抜けそうな打球をスライディングで捕球しアウトにした。「バッテリーが打たせた当たりをアウトにするのが野手の仕事。初回は打者の振りを見つつ直感を信じていった」。日本ハムでプレーする兄・一成譲りのセンスで攻守で林を援護した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース