広島 モンティージャ2回5失点で降格決定 床田もアドゥワもいない…先発不足は解決せず

[ 2019年8月17日 22:53 ]

セ・リーグ   広島3―8DeNA ( 2019年8月17日    横浜 )

<D・広>2回1死一塁、筒香(右)に右越え2ランを浴びたモンティージャ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 来日初勝利を目指した広島のエマイリン・モンティージャ投手(23)は、2回5失点で降板。試合後はコメントを残さず、18日の登録抹消が決まった。

 佐々岡投手コーチが「期待する面があったけど(次回は)厳しい」と言うように、“先発不足”は解消されなかった。

 現在、先発ローテーションを守ってきた床田とアドゥワが再調整で降格しており、台所事情は厳しいままだ。首位・巨人とは5・5ゲーム差。逆襲へ先発の駒不足が悩ましい。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月17日のニュース