阪神・矢野監督、拙攻連発に悔しさあらわ「バッターが何とかしたらな」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―2巨人 ( 2019年8月16日    東京D )

9回、帽子をかぶりなおす矢野監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 何度も見た光景だった。チャンスは作りながらも、勝負どころで凡退を繰り返す。阪神は得点圏に6度も走者を進めながらも、得点は初回の1点のみ。7回2失点と好投した高橋遥を援護できずに終わり、矢野監督は珍しく感情をあらわにした。

 「バッターが何とかしたらなアカンよ。あのピッチングで負けさすわけにはいかないって。できへん時もあるけど、それをなんとか、チーム全体でやっていかないと。打者が打たなかったから負けただけ。悔しい」

 指揮官は打者の気持ちも理解した上で、それでもなお、プロである以上は野手陣に結果を出すことを求めた。先制点を奪った初回はなおも2死一、二塁。一気に桜井を攻略したかったが、フルカウントからの6球目、見逃せばボールかという低めのチェンジアップに6番・大山のバットは空を切った。3回1死一、二塁では、ソラーテもチェンジアップに空振り三振。続く大山は初球の速球を打ち損じて二飛に倒れた。

 「(責任は)ユウスケ(大山)一人じゃないじゃん。マルテだって打たなアカンし、ソラーテだってなんとかせなアカン。ユウスケだけの責任じゃないけど、責任はあるよね」

 指揮官は珍しく個人名も挙げ、責任の所在について言及した。1点を追う8回も、安打と四球で無死一、二塁。逆転を信じる左翼席を尻目に、ソラーテは大竹に対して平凡な二ゴロに倒れた。なおも1死一、三塁と好機は続いたが、大山がシュートに詰まって痛恨の三ゴロ併殺打に打ち取られた。「(8回は)最低限やるべきことができなかったのが負けの原因です」。猛省した若き大砲だけではなく、ポイントゲッターの役割を求められる中軸が、ことごとく精彩を欠いた。

 これで桜井に対しては、先発時に3戦3敗となってしまった。逆転CSへ残りは32試合。打たなければ猛虎の先はない。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース