巨人・大竹、またピンチ斬り シュートで大山併殺「桜井に勝ちついて良かった」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―1阪神 ( 2019年8月16日    東京D )

8回1死一、三塁、大山を三ゴロ併殺打に打ち取った大竹は力強くガッツポーズ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人・大竹がまた抑えた。8回無死一塁でマウンドへ。四球でピンチを広げたが、最後は1死一、三塁から大山を内角低めのシュートで三ゴロ併殺打に仕留めた。「チームが勝って、桜井に勝ちもついて良かった」。

 これで4連投。その間3回2/3を無失点に封じ、1勝2ホールドとブルペンを支える。「気持ちを入れていくけど、(マウンドでは)一歩引いている感じ」と冷静さがさえ渡っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース