DeNA・石田、6回零封 5連敗で止めるも「チームが連勝していたので…」突っ込まれ「すいません…」

[ 2019年8月17日 21:51 ]

セ・リーグ   DeNA8―3広島 ( 2019年8月17日    横浜 )

<D・広>6回無死一塁、会沢を三ゴロ併殺に打ち取りガッツポーズの石田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島出身のDeNA・石田健大投手(26)が広島戦(横浜)で6回4安打無失点と好投。中日戦以外では今季初勝利となる3勝目(0敗)を挙げ、チームの連敗を5で止めた。

 打線が初回に3点、2回に2点と強力援護。3回には2死から西川、菊池涼、鈴木に3連打されて満塁のピンチを招いたが、4番・松山を一ゴロに抑えると、途中で足がつるアクシデントも乗り越え88球を投げ抜いた。

 試合後には3安打を放った女房役の戸柱と、プロ通算200号&201号を放った主砲・筒香と3人並んでお立ち台へ。先陣を切ってヒーローインタビューに応じると「チームが連勝していたので少しでもいい流れを持って来れるように、いい試合ができて良かったかなと思います」と笑顔。インタビュアーから「…連勝ではなく5連敗中でした、石田さん」と申し訳なさそうに突っ込まれ「ただ、それを止めるには余りある素晴らしいピッチングでしたね」とフォローされると「すいません…」と苦笑いを浮かべながら頭を下げてスタンドの笑いを誘った。

 「本当に戸柱さんがいいリードをしてくれましたし、サードから筒香さんがうるさいぐらい声をかけてくれるので力になりました」と冗談めかした石田。筒香の声かけの内容について聞かれると「基本的に叫んでるのであまり聞こえてないです」と再び笑いを誘い「これから先は全勝します!」と言い切った。

 続いてインタビューに答えた戸柱は「チームが連勝してたんで、何とか負けないように頑張りました!」と石田をいじるコメントでニヤリ。今季自身初の3安打に「最高で~す!」と大声を張り上げて喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース