宇部鴻城、判定覆り窮地も尾崎監督「仕方がない」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第10日3回戦   宇部鴻城2―3明石商 ( 2019年8月16日    甲子園 )

<明石商・宇部鴻城> 延長10回無死一塁、明石商・安藤が二塁でアウトとなった判定が協議の結果セーフとなる (撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 宇部鴻城(山口)が春夏通じて初の8強を逃した。

 10回無死一塁、投前送りバントで池村が二塁封殺を試み、いったんアウトが宣告されたが、遊撃手のグラブからボールがこぼれたことで審判員が協議。セーフに覆った。ピンチが広がり、1死満塁からスクイズで敗戦。

 明暗を分けた微妙なプレーについて、尾崎公彦監督は「審判が4人集まってしたのだから、仕方がない」とし、「(選手を)褒める声しかない」と奮闘をねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース