阪神 8回に北條、福留の連続本塁打で2点返し2点差に

[ 2019年8月17日 17:18 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年8月17日    東京D )

<巨・神>8回1死、福留は右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 阪神が、4点差に広げられた直後の8回に連続本塁打で2点を返した。

 まずは1死走者なしから2番北條が高木京のストレートを完璧に捉えて左中間に運んだ。1日の中日戦以来となる4号ソロで1点を返すと、余韻が残る中、続く福留が初球のストレートを捉えて右翼線スタンドにライナーで叩き込んだ。こちらは7月28日の巨人戦以来となる、5号ソロだ。

 直前の7回に3点を奪われ、0―4で迎えた攻撃だった。流れを掴まれたかと思われたが、すぐさま2点差に詰め寄った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース