明石商・杉戸“先輩の意地”10回2失点完投 エース温存で頂点目指す

[ 2019年8月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第10日3回戦   明石商3-2宇部鴻城 ( 2019年8月16日    甲子園 )

<明石商・宇部鴻城>延長10回を一人で投げ抜いた明石商・杉戸(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 明石商の背番号10の左腕・杉戸が先輩の意地を見せた。初回1死一塁から酒井に先制2ランこそ許したが、2回以降は危なげない投球で10回155球を投げ2失点完投した。

 「最後まで辛抱して投げることができてよかった」

 今春選抜の2回戦・大分戦で救援登板したが甲子園での先発は初めて。狭間監督からこの日の朝に「中森なしでいくぞ」とナインに伝えられ「お前の力で勝てたらうれしいし、負けたらしゃあない」と背中を押され、期待に応えた。

 初戦の花咲徳栄戦で3失点完投した2年生エース中森は投球練習さえすることなく完全休養。狭間監督は「今日は出す気はなかった。ベスト8になりたいなら投げさせましたけど、選手が日本一になりたいと言うので逆算するだけの話」と温存理由を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース