中日・柳 同級生の星打ちで同点!ともに明大でマウンドを守り全国制覇も

[ 2019年8月17日 19:27 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2019年8月17日    神宮 )

<ヤ・中>4回2死一、二塁、柳が明大同期の星から同点2適時二塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 同級生打ちで試合を振り出しに戻した。

 中日の柳が2―4の4回2死一、二塁から星の外角直球を捉え、右越え二塁打。二者生還で一気に同点に追いついた。

 柳と星は明大の同級生。4年秋の明治神宮大会では決勝の桜美林大戦で柳が先発、星がリリーフし、全国制覇。ともに16年ドラフトでプロ入りした。

 今月2日にも2人は神宮で対戦。柳が2番手で登板した星に見逃し三振に倒れていた

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース