八戸学院光星・近藤 サヨナラお膳立て 初回に今大会2号

[ 2019年8月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第10日3回戦   八戸学院光星7―6海星 ( 2019年8月16日    甲子園 )

<八戸学院光星・海星> 初回、右越え本塁打を放つ八戸学院光星・近藤 (撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 八戸学院光星(青森)の主砲の近藤が、サヨナラ機をお膳立てした。9回1死無走者で打席を迎え「打順も良かったので、絶対にこの回で決めてやろうと思った」と低めの直球を左前打して口火を切った。

 3点を先制された直後の初回にも、今大会2本目の本塁打を逆方向の右翼席へ。青森大会から9戦8発の暴れっぷりに「調子が凄く良いので、待ち球もなく反応で打てている」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース