ダル球団初4戦連続8K以上&無四球 5勝目逃すも7回零封

[ 2019年8月17日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス5―7フィリーズ ( 2019年8月15日    フィラデルフィア )

フィリーズ戦に先発し、7回を無失点と好投したカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 カブスのダルビッシュは7回を4安打無失点の好投もチームが逆転サヨナラ負けを喫し、5勝目が消し飛んだ。それでも手応えの32歳最終日だった。

 「負けてしまったんでうれしくはないですけど自分の仕事については満足しています」。主砲ハーパーを3回2死二塁から3球連続空振りで三振。6回にも2打席連続空振り三振を奪った。そのハーパーに9回、5番手ホランドが逆転サヨナラ満塁弾を浴びた。

 ダルビッシュはメジャー通算37度目の2桁10三振で、プロ最長の4戦連続無四球投球。4戦連続8奪三振以上&無四球は球団初だが、先発投手が7回以上無失点、2桁奪三振でチームが敗れたのも、投本間が現在の距離になった1893年以降では球団初だ。現地時間の16日が33歳の誕生日。「奥さんが(今月の)22日なので、そっちを先に考えてしまう」と笑った。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月17日のニュース