星稜・奥川、165球圧巻23Kで智弁和歌山撃破!延長タイブレーク制し24年ぶり夏8強

[ 2019年8月17日 13:40 ]

第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦   星稜4―1智弁和歌山 ( 2019年8月17日    甲子園 )

<星稜・智弁和歌山>星稜先発の奥川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 3回戦屈指の好カードとなった第2試合は、今大会最注目の奥川恭伸投手擁する星稜(石川)が、今大会初となる延長14回タイブレークの末、智弁和歌山(和歌山)にサヨナラ勝ちし、準優勝した95年以来24年ぶりとなる8強進出を決めた。奥川は自己最速タイとなる154キロを連発する中、6連続を含む23奪三振、3安打1失点、165球完投。石川代表はここまで和歌山代表に対し6戦全敗としていたが、7戦目にして初の勝利となった。

 2回戦から中2日と万全でマウンドに上がった奥川。初回にいきなり152キロをマークするなど3者凡退で立ちあがると、2回は1死から死球で走者を出したが続く東妻を三振ゲッツーに仕留め3人で料理した。

 3回は直球勝負で、自己最速タイの154キロをマークして3者連続三振。4回には先頭でプロ注目の黒川をフォークで空振り三振、続く細川からも空振り三振を奪い、6者連続三振とした。

 6回に失策、死球などから2死一、二塁とされると、西川に右前適時打を浴び、今大会の無失点投球は17回でストップしたが、それでも奪三振ショーは継続。9回までに三振の数を17まで積み上げた。

 試合は1-1のまま延長戦に突入。延長に入っても三振を奪い、11回には再び最速タイの154キロを連発するなど、ギア全開で快投を続けた。

 それでも、決着がつかず、延長13回からは無死一、二塁からのタイブレークを実施。13、14回を無失点で切り抜けると、直後の攻撃、1死二、三塁から6番・福本が決勝3ランを放って、死闘に決着をつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月17日のニュース