日本ハム・王柏融、本拠・札幌D初本塁打がV弾「チームのために勝利をもたらすことが出来た」

[ 2019年6月14日 22:02 ]

交流戦   日本ハム5―4巨人 ( 2019年6月14日    札幌D )

ファンとハイタッチをする王(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 7回に勝ち越しの3号2ランを放った日本ハムの王柏融は「その時は中田選手から同点のタイムリーをもらっていたので、絶対に塁にいるランナーを返したいと思っていました」と話し、続けて「チームメートの頑張っている姿を見て、自分も勢いに乗ってチームのために勝利をもたらしたいと思っていました」と語った。

 日本ハムに加入後、札幌ドームで第1号となったことについても「今日のホームランは記念的です。チームのために勝利をもたらすことが出来ました」と嬉しそうに語った。

 先発の有原が粘り強い投球を見せていたことについても「有原選手はよく頑張りました。有原選手の投球を見て、自分も野手としてチームのために点を入れたいと思っていました」と語った。

 最後に「札幌の皆さん応援ありがとうございました」と日本語でメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース