ソフトB バンデンハーク 右肘検査で渡米 手術の可能性も「最善の選択を」

[ 2019年6月14日 12:22 ]

福岡空港で取材に応じるバンデンハーク(右から2人目)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのバンデンハークが、右肘の検査のために米国に向け出発した。福岡空港で取材に応じた右腕は「日本のドクターにも診てもらってアドバイスももらった。アメリカのドクターにも診てもらって、最善の選択をしたい」と説明した。

 診断結果によっては手術の可能性もあり「1日も早く戻れるように考えていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース