東洋大、森下打ち崩せず8強で敗退 4番・佐藤は脱帽「ピンチでギア上げてきた」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権第4日 準々決勝   東洋大0―3明大 ( 2019年6月13日    神宮 )

<東洋大・明大>9回2死二塁、山崎の左前打で東洋大・佐藤(左)が本塁憤死し試合終了。捕手は明大・西野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 東洋大は明大・森下の前に7安打零敗を喫し、9年ぶり日本一の夢はベスト8で断たれた。

 ドラフト候補対決で4打数1安打に終わった4番・佐藤都主将は「いい投手だと分かっていたけど、打ち切れなかった。ピンチになるとギアを上げてくる」と脱帽。二塁内野安打した9回は自ら本塁憤死でゲームセットとなり、試合後に「おまえ、えぐいな」と森下に話したという。

 杉本監督も「選手も東京六大学には絶対負けたくないとやってきた。森下君はいい投手。初めての対戦で打ち崩すのは難しい」と敗戦を素直に受け止め、秋の雪辱を誓っていた。

 《村上「悔しい」3失点》森下との投げ合いに敗れた東洋大の村上は「大学No.1投手に負けない気持ちでマウンドに上がった。力が足りずに悔しい」と奥歯をかみしめた。初回に適時二塁打を浴びるなど6回3失点。春の東都大学リーグ6勝で最高殊勲選手に輝いた右腕に、杉本監督は「森下君や六大学に負けたくないと力みがあった。ただ、その気持ちは糧になる」と成長を期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月14日のニュース