オリ劇的サヨナラ!4連敗目前の9回2点差逆転 西村監督ご満悦

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   オリックス6―5中日 ( 2019年6月13日    京セラD )

9回2死二、三塁、サヨナラ打を放ち、ナインから手荒い祝福を受けるロメロ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 今季3度目のサヨナラ勝ちは、ミスを跳ね返すミラクル劇場だった。オリックスは同点の9回に守護神・増井が2点を勝ち越されたが、あきらめない。中日の新守護神、R・マルティネスを攻め立て同点にすると、最後は2死二、三塁からロメロが左前にサヨナラ適時打。ウオーターシャワーを浴びて「サムイ!」と喜んだ。

 プロ初先発した荒西が、勝ち星こそつかなかったが踏ん張った。6回まで8安打を浴び3度も得点圏に走者を進めたが無失点。「味方が1点取るまで点をやりたくなかった。粘ってよかった」と6回1死満塁もしのいだ。

 ただ、打線が不発で6回無死二塁では西野が送りバントを空振りし結果的に盗塁失敗で好機をつぶすと、7回には失策が絡んで3失点。これまでなら無抵抗で終わっていたが、7回のロメロの一発で息を吹き返し同点。さらに「新8回の男」ディクソンの1回無失点も大きかった。

 4連敗目前からの劇勝に西村監督は「みんな最後まであきらめない気持ちでやってくれた」とご満悦。ロメロは「9回は7人目の打者だと思っていたが、向こうのリリーフも連投で疲れている。それまでの打者が何とかしてくれると思っていた」と仲間を信頼していた。好調のアイテムだった革手袋は、歓喜の水でびしょ濡れになったが「乾かして、明日からも使うよ」。14日からの関西ダービーでも「ずぶ濡れ」になることを期待だ。(鶴崎 唯史)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース