中日・松坂 4回を4安打1失点 ソロ被弾も踏ん張る

[ 2019年6月14日 14:01 ]

<ウエスタン 神・中>甲子園で先発登板する松坂(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)が14日、ウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)で先発し、4回を投げ4安打1失点だった。

 3回に岡崎にソロを浴びたものの4回無死一、二塁のピンチでは中谷を三邪飛、伊藤隼を遊ゴロ、ナバーロを空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 松坂は2月の春季キャンプ中に右肩を負傷。リハビリを経て5月28日の同リーグ・ソフトバンク戦(筑後)で実戦復帰し、2回を3奪三振でパーフェクトに抑えた。

 登板を予定していた今月9日の同リーグ・オリックス戦(ナゴヤ球場)が雨天中止となったため、この日が実戦2度目の登板となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース