中日・松坂 2度目の実戦マウンド 立ち上がりは上々

[ 2019年6月14日 12:49 ]

中日・松坂
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)が14日、ウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)で2度目の実戦マウンドに上がった。

 初回は江越を遊飛、熊谷を空振り三振、板山を二飛と三者凡退に抑え、上々の滑り出しとなった。この日は4イニング程度、投げる予定。

 松坂は2月の春季キャンプ中に右肩を負傷。リハビリを経て5月28日の同リーグ・ソフトバンク戦(筑後)で実戦復帰し、2回を3奪三振でパーフェクトに抑えた。

 その後、登板予定だった今月9日の同リーグ・オリックス戦(ナゴヤ球場)が雨天中止となり、中16日での登板となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース