阪神 マルテの適時打で勝ち越し! 7回に代走送る好采配も

[ 2019年6月14日 19:55 ]

<オ・神>2回1死三塁、マルテは三ゴロを放ち、その間に三走・梅野が生還して同点に追いつく(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神が7回に勝ち越しに成功した。この回から登板してきたオリックス・比嘉に対して、先頭の5番原口が右前打。3試合連続スタメンの男が出塁すると、矢野監督は代走に荒木を送った。

 もう1打席回ってくる可能性がある中での勝負手。続く梅野が犠打で送って1死二塁とすると、7番・マルテが初球を捉えて三遊間を破った。ここで代走・荒木が快足を飛ばして一気にホームイン。矢野監督の積極采配が実り、貴重な貴重な勝ち越し点をもぎとった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース