楽天 4回で球団最多タイ6本塁打!3回までに先発全員安打も達成

[ 2019年6月14日 19:34 ]

交流戦   楽天―広島 ( 2019年6月14日    楽天生命パーク )

<楽・広>初回、茂木(左)は先頭打者本塁打を放ち平石監督(同2人目)らナインの出迎えを受ける(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 楽天が大爆発した。初回、茂木の先頭打者本塁打で先制すると、ブラッシュが18号3ラン、ウィーラも12号ソロを放って、この回だけで3本塁打が飛び出して一挙5点を奪った。

 1イニング3本塁打は、16年8月17日のロッテ戦以来、3年ぶりだ。2回には太田のプロ初本塁打、浅村の15号ソロで2点を追加した。3回までに先発全員安打を達成。

 さらに、4回には浅村が2打席連続となる16号ソロを放ち、10年6月6日の巨人戦(東京ドーム)で達成した1試合6本塁打の球団最多記録に並んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース