阪神・高橋遥、痛恨1球で初黒星も快投 矢野監督「めちゃめちゃ良かった」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   阪神0―3ソフトバンク ( 2019年6月13日    ヤフオクD )

力投する高橋遥(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 我慢比べには屈したが、悲観する内容ではない。阪神・高橋遥は1球に泣いた形で今季初黒星を喫したが、自己最速タイの151キロを計測するなど今季一番とも言える内容だった。

 「ストレートはよくなかったですが、梅野さんがいろんなボールを使ってくれた。でも打たれたら、結果がすべて」

 同学年の大竹との先発対決。大学時代は公式戦で一度も対戦はなかったが、互いを知る仲。それだけに勝ちたかった。7回5安打3失点も、持ち味は存分に発揮した。6回までソフトバンクの強力打線を松田宣の内野安打1安打に封じる圧巻投球。4回1死から内川に四球を与えたが、デスパイネを狙い通りに遊撃併殺に仕留めた。

 そんな中、落とし穴は7回。今宮、内川に連打され無死一、二塁。デスパイネを空振り三振に仕留めたが、続くグラシアルにカウント1―2から内角へのカットボールを左翼席中段に運ばれた。

 「一番やってはいけない。投げ切れたけど、打たれたのは力不足です。7回まで任せてもらったのに(無失点で)投げきれなかったのが悔しい」

 それでも、矢野監督は「めちゃめちゃ良かった。ナイスピッチングやったと思う。打たれたのは勝負に行った結果なんで、やむを得ない。うまく打たれた。やれることはやった投球だったと思う」とかばい「全く心配ないというか、逆に期待しているけどね」と今後を楽しみにした。

 5回2失点だった前回6日のロッテ戦の翌日、パ・リーグの打者を熟知する西から「もっと強弱をつけて投げたほうがいい」と助言を受け、この日は140キロ前後の変化球をうまく生かしていたが、最後に痛打された。

 「次は絶対こういうことがないようにしたい。反省です」。決して下を向く内容ではない。悔しさを糧に成長した姿を期待したい。 (長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース