ソフトBグラシアルが決勝3ラン「大竹とチームに勝ちを届けたかった」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク3―0阪神 ( 2019年6月13日    ヤフオクD )

ファンの声援に応えるグラシアル(左)と大竹(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 一振りで快投を続ける大竹を救った。0―0の7回1死一、二塁でソフトバンク・グラシアルが内角カットボールに反応。最後は左腕一本で振り抜き、左翼席へ14号決勝3ランを運んだ。

 「大竹とチームに勝ちを届けたかった。最近バッティングが元気がなく、ピッチャーが勝てていなかったので、勝つことと積極的な打撃を意識した」

 7日の広島戦(マツダ)以来の一発で、交流戦では12球団トップとなる5本塁打。工藤監督は「普通はファウル。あれを本塁打にするのは、さすが」と頼もしいキューバの主砲を称えた。試合前の打撃練習でもスタンドインが多いが、「遠くに飛ばさない、芯に当てる、上から叩く」と意識。基本に忠実だからこそ、ここぞという場面で強い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース