輝星、堀内恒夫氏うならせた!「俺の現役時代を思い出したよ、と」8割直球に驚がく「普通、通用しない」

[ 2019年6月14日 17:47 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫氏(71)が14日、自身のブログを更新。12日の初登板初先発でセ・リーグ3連覇中の広島相手に5回1失点でプロ初勝利を飾った日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手(18=金足農)の快投に驚きの声を挙げた。

 いつもは古巣・巨人の話題が多いブログだが、「今日は巨人の話題でなくて日ハム吉田輝星くんの話を」と切り出した堀内さんは「プロ初登板で初勝利したんだってね。それも広島から!」と驚きの声。「帽子をずらしながら投げる姿を見て俺の現役時代を思い出したよ、とか声をかけられることが多くてね」と帽子を飛ばしながら力投した吉田輝に自身を重ね合わせた。

 そして、巧打者ぞろいの王者とあって「若いピッチャーを広島にあてるのは不適格に思うけど」としながらも「初勝利もすごいけど投げた84球の8割がストレートだっていうんだからさ。俺、聞いてビックリしたよ。普通、ストレートだけじゃ通用しないからね」と再びびっくり。「いやぁ~どんなストレートだったか見たかったねぇ」とひたすら驚きを隠せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース