楽天、中継ぎ陣大炎上で首位陥落 堀内「僕がそらしてなかったら…」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   楽天3―11ヤクルト ( 2019年6月13日    楽天生命パーク )

敗れた楽天・平石監督は悔しげに引き上げる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 楽天は中継ぎ陣が崩れて今季7度目の2桁11失点。連勝は4で止まり、勝率差で首位から陥落した。

 3―2の8回2死三塁の場面。青山がバレンティンに投じた低めのスライダーが暴投となって同点を許した。この1球が相手打線に勢いを与え、8、9回で9失点。嶋の離脱で先発マスクをかぶる4年目の堀内は「僕がそらしてなかったらああいう展開になっていない」と悔しさを募らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース