中日・松坂、1軍復帰に意欲 4回4安打1失点「メリハリつけて投げられた」

[ 2019年6月14日 14:51 ]

<ウエスタン 神・日>初回先発登板する松坂(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)が14日、ウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)で先発し、4回4安打1失点と好投し「ほどよくピンチがあり、メリハリをつけながら投げることができた」と振り返った。

 2回2死から伊藤隼に中前打を許し、初めて走者を背負ったが、ナバーロを見逃し三振。

 3回は岡崎にソロを被弾後、小幡に右前打を浴びたものの「ゴロを打たせたいときに打たせられた」と江越を遊ゴロ併殺。熊谷を投ゴロに封じた。

 次回登板については「体調に問題がなければ、1週間後ぐらいですかね。制限かけて投げる必要はない」ときっぱり。その上で「いつでも行ける気持ちを持ってやっている。後は使ってくれる人の判断」と1軍復帰にスタンバイOKな状態を強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース