【隠しマイク】謙虚な日本ハム平沼「自分なんてまだまだっす!」

[ 2019年6月14日 09:00 ]

日本ハム・平沼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

◎前日の打席でバットが粉々に割れた楽天・太田は「気がついたら右手に割り箸みたいなのを持ってました」。

◎守備練習を終えた日本ハム・平沼はメーカー担当者から「グラブの調子は大丈夫?」と問われて「いや、自分なんて、まだまだ技術もないのでグラブは関係ないっす!もちろん、問題はないっす!」。とても謙虚っす。

◎中日・中村バッテリーコーチは正捕手として育成中の加藤が前を通り過ぎると、球団職員に「今年のオフは加藤にいっぱい野球教室に行かせて。小学生から教えてもらった方がいい」。厳しい言葉は愛情の裏返しです。

◎14日に先発するオリックス・成瀬。記者の囲み取材が終わると「大丈夫ですか?今日は優しめですね」。いつも厳しく感じていました?

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース