西武・中村、通算18本目の満塁弾!自らの持つ最多記録を更新

[ 2019年6月14日 19:54 ]

交流戦   西武ーヤクルト ( 2019年6月14日    メットライフ )

4回1死満塁 左越え満塁弾を放つ中村 (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 西武の中村剛也内野手(35)が14日、西武戦(メットライフ)で「6番・三塁」として先発出場。第3打席で通算18本目となる満塁本塁打を打ち、自らの持つNPB記録を更新した。

 4回、西武は打者一巡の猛攻。1死満塁で打席に立った中村は、先発のブキャナンが投げた1-0からの2球目をフルスイング。打球はレフトスタンドに飛び込み、9号満塁弾となった。

 これで中村は通算18本目となる満塁弾。5月10日の日本ハム戦で17本目の満塁弾を打っており、自らの持つ最多記録を更新。「打ったのはまっすぐです。打ててよかったです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース