阪神、2安打零敗 また“初モノ”打てず 好投の高橋遥見殺し

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   阪神0―3ソフトバンク ( 2019年6月13日    ヤフオクD )

8回終了後、選手交代を球審に伝え、手を叩いてナインを鼓舞する矢野監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 またしても「初モノ」に弱いところを露呈した。12日に13安打8得点を奪った打線が一転、ソフトバンクの先発左腕・大竹の前に2安打のみ。好投した高橋遥を見殺しにする結果となり、矢野監督も悔やんだ。

 「打線が早い回に点を取ってやれれば(高橋遥の投球や試合展開も)また違ったと思う。(大竹は)特に何というボールはないんだけど。のらりくらりというか…。仕方がないと思うしかない」

 3回が最大で唯一の好機だった。先頭の高山がチーム初安打となる中前打。北條の犠打で1死二塁としたが、近本は2ボール2ストライクから外角真っすぐに手を出し二ゴロ。2死三塁から糸原はチェンジアップを打ち上げ遊飛に倒れた。近本は対左投手の打率が・315で対右投手(・280)よりも得意としている。それでも、3打席無安打に封じられ「投球術で見ると、うまいピッチャーだなと思いました。球種を変えてきて、チーム全体で打てなかった」と首をひねった。

 初対戦の先発投手に対し11試合で5勝目を献上。一度も黒星を付けられていない。今季最多となる「貯金7」に4度目の挑戦も失敗した。14日からは京セラドームでオリックスとの関西ダービーを戦う。指揮官は「そういう(得点を取る)形を明日から作れるようにしていければ」と攻撃陣の奮起を促した。 (山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース