楽天・茂木が今月2本目の先頭打者アーチ 広島左腕・床田から プロ4年目で早くも通算8本目

[ 2019年6月14日 18:33 ]

交流戦   楽天―広島 ( 2019年6月14日    楽天生命パーク )

<楽・広>初回、茂木が先頭打者本塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 楽天の茂木栄五郎内野手(25)が広島戦(楽天生命パーク)で今月2本目の先頭打者アーチを放った。

 「1番・遊撃」で先発。0―0で迎えた初回の第1打席で広島先発の左腕・床田が投じた2ボール2ストライクからの5球目、内角直球を右翼スタンドへ叩き込んだ。

 茂木は2日のソフトバンク戦でも先頭打者本塁打を放っており、今月2本目。プロ4年目で早くも通算8本目の先頭打者アーチとなった。

 ▼茂木 初回を0点で抑えたので、まずは先制と考えてました。あとにつなぐ意識で打席に入ったのが良かったですね。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース