レアード 貴重な同点弾!来日中・両親の前でNPB通算150本塁打達成

[ 2019年6月14日 20:12 ]

交流戦   ロッテ―中日 ( 2019年6月14日    ZOZOマリン )

<ロ・中>7回無死、通算150号となる左越えソロを放ったレアード(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードが7回、中日先発・柳から貴重な同点弾。来日中のご両親の前でNPB通算150本塁打を放った。

 チームは柳相手に6回まで4安打無失点。0-1ながら敗色ムードも漂い始めた7回、先頭のレアードが中日先発・柳の5球目をとらえ左翼に第19号となる同点弾。試合を振り出しに戻した。

 「明日の天気予報が悪いので、あさって帰国してしまう両親たちにホームランを見せる最後の試合になるかもしれなかったので、達成できてうれしい」

 直前には球団のイベント「ALL for CHIBA習志野市」でスタンドに陣取った習志野高校吹奏楽部約210人が「レッツゴー習志野」の演奏で盛り上げた。美爆音効果がレアードの一発を後押しした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース