ソフトバンク・千賀 プロ9年目で初の満塁被弾で今季2敗目

[ 2019年6月14日 22:00 ]

交流戦   ソフトバンク4―5DeNA ( 2019年6月14日    ヤフオクD )

<ソ・D>6回1死満塁、ソトに満塁本塁打を打たれ下を向く千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が、プロ9年目で初の満塁弾を浴び、今季2敗目を喫した。

 1―1の6回1死満塁からソトに右翼席に運ばれ「追いついてもらった次のイニングにすぐに失点して流れを悪くしてしまった」と悔やんだ。

 6回5失点で開幕から続いていたクオリティースタート(6回以上、自責3以下)は11試合でストップ。チームは交流戦首位から陥落した。工藤監督は「長いシーズン、いいときもあれば悪いときもある。大事なのは次だと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース