巨人・加藤、昇格即出場「守備が一番緊張した」9日に支配下登録

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   巨人8―2西武 ( 2019年6月13日    メットライフD )

7回1死二、三塁 若林の左前安打で生還しナインに出迎えられる加藤(右)(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 9日に支配下登録された巨人・加藤が1軍昇格即、プロ初出場を果たした。7回1死二、三塁で二塁走者の阿部に代わって代走で出場。「1本のヒットで帰れるようにリードを取っていた」と、若林の左前適時打で生還し、初得点を記録した。

 そのまま中堅に入り、9回には初打席にも立ち二飛。「守備が一番緊張した」と初々しく振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース