巨人・炭谷、連夜の古巣撃ち 3号3ラン「コンパクトに振り抜けた」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   巨人8―2西武 ( 2019年6月13日    メットライフD )

4回2死二、三塁、炭谷が左越えに3ランを放ちガッツポーズ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 古巣相手に巨人・炭谷がこの日も攻守で輝いた。1点リードの4回2死二、三塁から「コンパクトに振り抜くことができた」と左越え3号3ラン。捕手でも「前回に比べたら真っすぐがそこまで(いい状態)ではなかった」と桜井の状態と相手打線を加味しながら巧みにリードした。

 2試合連続で勝利に貢献し、昨年までの本拠地でヒーローインタビューも体験。「勝ち越せたのは良かった」と安どしていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月14日のニュース