巨人・桜井、緩急自在3勝 原監督も評価「水を得た魚のごとく機能している」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   巨人8―2西武 ( 2019年6月13日    メットライフD )

炭谷(中央)を迎える原監督(左から2人目)と桜井(同4人目)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 首脳陣の言葉が、巨人・桜井の成長ぶりを物語った。「水を得た魚のごとく機能している」と原監督。宮本投手総合コーチは「先発ローテ入りだと思います」と明言した。

 プロ入り最長の7回を投げ4安打1失点。「長い回を考えるより、短い回に集中した」と桜井。3連戦の先発だった今村、田口とともに「緩急ボーイズ」と称された通り、カーブを有効利用。全111球中、30球投じた。

 最速148キロの直球に、最も遅くて115キロのカーブ。7回1死から木村にソロを被弾したが、最少失点に抑えた。イニング間には「集中力を切らさないように」とベンチ裏で上半身を動かす「桜井体操」も取り入れた。

 2試合連続で先発として結果を出した。2連勝を含む今季3勝目。もがき続けた15年のドラフト1位右腕が、ついに頭角を現した。 (川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース