佛教大、初の4強入り 4番“タイソン”がサヨナラスクイズ「決める自信あった」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権第4日 準々決勝   佛教大4―3東北福祉大 ( 2019年6月13日    神宮 )

<佛教大・東北福祉大>9回、石井のスクイズで八木が生還し、佛教大がサヨナラ勝ち。捕手は東北福祉大・笹谷(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 佛教大が劇的なサヨナラ勝ちで初の4強進出を果たした。

 同点の9回1死二、三塁から4番・石井がスクイズ(記録は内野安打)。名前の太尊(たいそん)はボクシング世界ヘビー級王者、マイク・タイソンからとったという男が、強烈パンチならぬ技巧バントで試合を決め「決める自信はあった。目標はベスト4だったのでうれしい」と声を弾ませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース