西武・郭俊麟、元同僚に痛い被弾 辻監督「あの3ランで決まった」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

交流戦   西武2―8巨人 ( 2019年6月13日    メットライフD )

炭谷(左)に左越え3ランを打たれた郭(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は投手陣が崩れて大敗した。先発の郭俊麟(クォ・ジュンリン)は、元同僚の炭谷に3ランを献上するなど4回4失点でKO。辻監督は「あそこの3点が全て。あの3ランで試合が決まった」と振り返った。

 0―6の7回からは、3番手でドラフト4位の粟津がプロ初登板。2回4安打2失点に「(点数は)10点くらい。経験できた分だけ。2軍よりも球が全然行かなくて、力みもあった。今後に生かしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月14日のニュース