【3日のファーム情報】巨人 ロッテにサヨナラ勝ちで首位浮上 田中俊が決勝犠飛

[ 2019年5月3日 18:59 ]

 プロ野球のファームは4日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 2位・巨人は首位・ロッテとの直接対決(ジャイアンツ)の延長11回、8―7でサヨナラ勝ち。首位に再浮上した。最後は田中俊がサヨナラの左犠飛を放った。立岡が初回に先頭打者本塁打となる1号ソロ。吉川大が3安打2打点。先発・沢村は6回2/3を6安打5失点。3番手で登板の上原も1回1安打1失点だった。ロッテ先発・中村稔は5回2/3を7安打7失点。李杜軒が7回に2号2ラン、香月が8回に2号ソロを放った。

 DeNAは西武戦(西武第2)に7―6。4回に倉本が2号3ランを放つなど2安打。戸柱が3安打だった。先発のドラフト4位・勝又は4回0/3を無安打ながら7四球で3失点。西武先発・高木勇は4回6安打5失点(自責3)だった。

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)に11―0。ドラフト4位・浜田が4安打、宮本が3安打4打点、藤井が7回の2号ソロなど2安打2打点だった。先発・山中は4回3安打無失点。2番手のドラフト5位・坂本が3回3安打無失点で2勝目(1セーブ)を挙げた。日本ハム2番手のドラフト5位・柿木は1回2/3を7安打7失点。

 ソフトバンク―広島戦(タマスタ筑後)は4―4で9回引き分け。ソフトバンク先発・中田は5回1/3を4安打3失点。下水流が7回に2号ソロを放った。広島先発・遠藤は9回完投で8安打4失点。ドラフト1位・小園は5打数ノーヒットだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース