ヤクルト・スアレス 7回痛恨被弾…直前に交代迷った小川監督「決断できなかった。2失点は僕の責任」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0-2DeNA ( 2019年5月2日    横浜 )

7回、2失点のスアレスは唇をかみしめながらベンチに戻る(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのスアレスが7回3安打2失点と好投したが、援護がなく来日初黒星。5回まで無安打と好投したものの、7回に筒香に2ランを浴び「あの一球が甘く入ってしまった」と悔やんだ。

 小川監督は7回の攻撃で1死二、三塁からスアレスに代打を送らず無得点に終わった場面に「迷ったが決断できなかった。2失点は僕の責任」と自らを責めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース