中大 4番・牧が絶好調 打率.435「甘い球をしっかり捉えられている」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

東都大学野球 第3週第2日   中大4-2立正大 ( 2019年5月2日    神宮 )

3回1死、牧は中前に落ちる安打を打つ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 中大は今春から4番に座る牧が好調を維持している。3回の中前二塁打で打率・435。第3週途中ながらリーグ打率2位を突っ走っている。

 「甘い球をしっかり捉えられている。いい形できています」。昨秋の打率・271が最高ながら7打点を挙げた勝負強さに確実性も備わりつつある4番が「混戦東都」で存在感を放つ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース