清宮 2カ月ぶり屋外フリー打撃に喜び「野球をやっている感じがした」

[ 2019年5月3日 13:18 ]

フリー打撃を終えて充実した表情を見せる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が3日、千葉・鎌ケ谷で練習を行い、屋外でのフリー打撃を再開した。

 打撃投手の投じる球とマシンの投じる球を合わせて、計60スイング。初めのうちは屋外でのボールの見え方に苦戦して、5球ほど空振りやファウルが続いたが、徐々に本領を発揮した。久しぶりの練習にもかかわらず、60球の内柵越えも14本披露。「思ったよりも順調です」と充実の表情を見せた。

 3月上旬に右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折してから約2カ月ぶりの屋外フリー。「やっと野球をやっているなって感じがしました」と回復を喜んだ。5月下旬の2軍での実戦復帰を見据えて、今後は徐々にスイング数を増やしていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース