広島 主砲・誠也、17日ぶり一発で通算100号に王手! 自身「令和」1号は巨人助っ人から

[ 2019年5月3日 22:00 ]

セ・リーグ   広島6―3巨人 ( 2019年5月3日    マツダ )

<広・巨>6回裏1死、鈴木は右中間にソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島の主砲・鈴木誠也外野手(24)が6回に今季8号となるソロ本塁打を放ち、通算100本塁打に王手をかけた。

 バティスタの中犠飛で2―0とリードを2点に広げた1死走者なしの場面。巨人先発の左腕・メルセデスが投じた1ボールからの2球目、真ん中の変化球を右中間スタンドへ叩き込んだ。

 鈴木の本塁打は4月16日の巨人戦(鹿児島)以来17日ぶり。その後、コンディション不良で4試合連続スタメン落ちした鈴木にとっては4月28日のスタメン復帰後初めて、そして「令和」1号となる待望の一発となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース